スポンサーリンク

2019年12月10日のYouTube規約変更で収益が受け取れなくなる?!何が変わるのか?変更点を分かりやすく説明しました

Webノウハウ
久美子
久美子

YouTubeのチャンネルを開くと、下のような表示が出ていました。

(2019/11/09現在)

🔻見えにくいので拡大すると…🔻

YouTubeの利用規約が2019年12月10日に更新されます。新しい規約をご確認ください。

と書いてあります。

私は、毎月YouTube収益を得ているので、何が変わるのか気になりました。

と言いますのは、

2018年2月20日の更新で、収益受け取り対象が次のように変更されました。

チャンネル登録数が、1000人以上
過去12ケ月間の総再生時間が、4000時間以上

この条件を満たさないと収益化できなくなり、収益受け取りがストップしたことがあったからです。

ちなみに、今の私のチャンネル登録数は、約6000人で、過去1年の総再生時間は5万8000時間を超えています。

久美子
久美子

私の動画はじっくり見られる傾向があるから、再生時間は自信あるけど、例えばチャンネル登録者数が1万人以上対象という風に、今より条件が厳しくなると困るなぁ~。

と気になったので、調べてみました!

結論から言うと…今回の更新では、収益化に、ほぼ影響ありません。

スポンサーリンク

新YouTube規約はどこから見られる?

では、何が変更されたのか見ていきましょう。

2019/12/10からの新しい規約は、こちらを押すと見られます。

🔻新しい利用規約はこちら🔻

利用規約 - YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

簡単な文章で書かれているもの、「意味がよく分からない」という人も多いようです。

そこで、調べたことをこちらにまとめていきます。

YouTube規約更新で何が変わる?

ザックリ言いますと、主に以下の3点が更新されました。

サービス提供者がGoogle LLCへ変更

YouTubeのサービスの提供者がGoogle LLCになります。

本サービスは、デラウェア州法に基づいて事業を行い、1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043 に所在する Google LLC(以下「YouTube」または「Google」)が提供します。本規約において YouTube の「関係会社」とは、Alphabet Inc. の現在または将来の企業グループ内の他の企業を意味します。(新・利用規約より)

YouTubeを見るのに年齢制限がかかる

🔻該当箇所はこちら🔻

年齢に関する要件
本サービスを利用するには、13 歳以上である必要があります。ただし、親または保護者によって有効にされていれば、あらゆる年齢のお子様に YouTube Kids をご利用いただけます(利用可能な地域の場合)。

(新・利用規約より)

13歳以上という、明確な年齢制限ができました。

保護者の許可があれば利用できるということです。

Googleアカウントや YouTubeチャンネルがなくても利用できる

Google アカウントと YouTube チャンネル
コンテンツの閲覧や検索など、本サービスの一部は Google アカウントがなくても利用できますが、Google アカウントが必要な機能もあります。Google アカウントがあれば、動画を高く評価したり、チャンネル登録したり、自分の YouTube チャンネルを作成したりできます。(新・利用規約より)

他にも変更点はありますが、主な変更点は以上3点です。

まとめ

チャンネル収益化している人にとって、機会損失になりそうな変更はなさそうですね。

久美子
久美子

ひとまず、安心ですわ~。

ただし、幼児向けコンテンツを提供している方にとっては、2つ目の変更が痛手になる可能性があります。

他にも変更・改定点があったら、また追加して更新していきます。

ただし、こう言った規約を「分からない」という理由で、ちゃんと読まない人がいます。

そのような思考停止、受け身の姿勢では、情報発信者側のカモにされるので、あなたは必ず自分でもチェックするようにしましょうね。

🔻詳しい解説動画はコチラ🔻

🔻得意なことを発信してお金に変えませんか?🔻

コメント

タイトルとURLをコピーしました