スポンサーリンク

仮想通貨投資の撤退タイミング見抜き方!8つのポイント

仮想通貨投資撤退タイミング見抜き方 投資術

仮想通貨投資案件の撤退すべきタイミングの見抜き方をご紹介します。

仮想通貨投資で大成功する撤退のタイミング。誰もが知りたい情報をお教えしますね。

スポンサーリンク

撤退のタイミングを見抜く8つのポイント

例えば、2021年頭に流行ったP2P案件ですが、私は、1月27日に撤退しました。

撤退した直後、出金不具合などが発生し、タイミングよく損失を出さずに、10万円ほど利益を出せました。

この案件で負けた人が多い中、主人のスーパー理系脳直感と、久美子様の女神マインドで見抜いたおかげで、今回も損失なく撤退できたというワケです。

  • 主人の分析力と野生の勘
  • 久美子様の究極の心の在り方

主人のスーパー理系脳直感は、元数学教師ならではの、数学的思考を活かした【分析力】と【野生の勘】です。久美子様の女神マインドは、お金大好きにも関わらず、お金に執着せずサラッと手放す【究極の心の在り方】です。

カンタンに言えば、主人の分析によりひらめいたアイデアを私が聞いて、「それ良いやん、それで行こうー!」と、押し進めていくパターンです。

お陰様でここ最近、理想的な投資運用をしております。つまり、ローリスクハイリターン。

少ない資金で、より多くの利益をゲットしました。

とは言っても、こんな風に見極められるようになったのは、今までに損失を出した経験があるからこそ、です。

失敗から学べば、それは成功です

人は、失敗から学ぶことができます。

何度、損失を出しても、また失敗する人もいらっしゃるようですが、私たち2人分の脳を合わせれば無敵。

見極め方や私たちの分析は、私のメンバーさんにも随時、お教えしています。

もちろん、賢いリスク分散の方法、投資運用ポートフォリオの組み方も。だから、どのチームで参加し、誰に教えてもらうかってとても大事です。

投資案件撤退タイミングを見抜く!8つのポイント

撤退のタイミング【危険信号】を見抜く8つのポイントをご紹介しますね。

  1. P2P案件は、3ケ月目を迎える前に撤退すべし
  2. お得キャンペーンをやりだしたら撤退すべし
  3. オート複利機能は使わず危険信号と見るべし
  4. 大物アフィリエイター参入は危険信号
  5. 元本ロックで利率が上がるキャンペーン
  6. 運営元の裁量でしくみがコロコロ変わり出す
  7. どこかと合併することになったら撤退すべし
  8. 最低投資金額を引き下げたら危険信号

以上、久美子流!投資案件撤退タイミングを見抜く【8つのポイント】でした。

リスクフリーの考え方でよくある勘違い

投資の原理原則はリスクフリーにすることです。

つまり、「10000ドル投資したなら、10000ドルの利益を出してそれを出金する」ということです。

この考え方を勘違いしている方が結構おられます。特に、元本ロック型の案件に見られます。

どんな勘違いかというと、「リスクフリーにする前に出た利益を元本にまわしてしまう」ということです。

つまり、「元本が倍になればリスクフリーになった」という勘違いをしているのです。

投資した額と同等の利益を外部ウォレットに出金してはじめて「リスクフリーになった」と言えるのです。

「元本が増えた」と言って喜ぶのは間違いです。

投資に関するアドバイス

ここで、久美子様からのアドバイス。

久美子アドバイス①

久美子
久美子

元本ロックの案件は、元本が引き出せると思わないこと!

ロックが明けて元本が引き出せたら超ラッキー!

元本ロックのある案件は、利益を元本にまわすのではなく、どんどん出金していくのがオススメです。

久美子アドバイス②

久美子
久美子

プレオープンして6ヶ月経つ案件には参加しないこと!

もちろん人に紹介もしないこと!

投資案件のほとんどは1年も経たずに終わってしまいます。

なので、プレオープンしてから6ヶ月経つものには参加しない方がよいです。

プレオープンしてから6ヶ月後にグランドオープン、というものもありますが、そういうものは始めから手を出さない方がよいですね。

久美子アドバイス③

久美子
久美子

公式セミナーが開かれているからまだ大丈夫、と思わないこと!

公式セミナーが定期的に開催されているから、まだ大丈夫よね、と思うのは危険です。セミナーの直前に終わってしまったものもありましたので。

以上、あくまでも、私と主人の経験に基づくものです。最終的には自己判断でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました