スポンサーリンク

パッと目を引くサムネイルの作り方:文字の色選び3つのポイント

ブログ関連ノウハウ

前回は、パッと目を引くサムネイル画像に入れる「キーワードの選び方」についてご紹介しました。

今回は、パッと目を引くサムネイルを作る文字の色選び3つのポイント、「文字の色選び」についてお話しします。

めちゃくちゃ簡単で、初心者でもすぐにできる3つのポイントと、少しセンスアップしたい人のために「応用テクニック」を1つご紹介しますね。

スポンサーリンク

文字の色選び3つのポイント:パッと目を引くサムネイル

パッと目を引くサムネイルの文字の色には、次のポイントが欠かせません。

  1. 背景の色と反対にする
  2. ストロークと影を付ける
  3. 文字の色を3色以内に限定する

それぞれ、詳しく解説します。

背景の色と反対にする:パッと目を引くサムネイル

反対の色とは、補色とも言います。下の図で言えば、線の向こう側にある色のことを言います。

例えば、下のサムネイルの背景と文字の色をご覧下さい。

背景が緑っぽい色ですよね。文字を赤系の色にしたので、目立ちます。

緑と赤は補色ですよね。

このように、補色にしても文字が目立たない時は、

白、赤、青、紫のいずれかの文字にする

と、いい感じになります。

例1 白文字の場合

例2 赤文字の場合

例3 青文字の場合

例4 紫文字の場合

いかがでしょうか?

背景の色が複数あり、どれが補色になるか分からない時は、この4色をお試し下さい。

ストロークと影を付ける:パッと目を引くサムネイル

ストロークというのは、文字の周りを囲んだ線のこと。

下の画像で言えば、「フライパン1つで!」の青の線の部分、「アクアパッツァ」の黄色の部分です。

このように、ストロークを入れることで、背景から浮き上がって見えます。

さらに、文字かストロークと同系色、またはグレー陰を入れると、さらに文字が浮き出て見えます。

例えば、ストロークも影も入れない場合だと、右のようになります。

ストローク・影あり ストローク・影なし

右の方が、画像と重なってる部分が少し読みにくくありませんか?

このように、パッと見て読みやすいように、ストロークの色や幅、陰の色やぼかし方を工夫してみましょう。

文字の色を3色以内に限定する:パッと目を引くサムネイル

3つ目のポイントは、下の画像のように、文字の色を3色以内に限定すること。

色数を限定することで、圧倒的に字が読みやすくなります。

パッと見た時のインパクトも増すので、押されやすくなるんですね。

応用:センスがよくなるサムネイルの文字選び

ここまでは、「いかに目立たせるか?」という観点で、文字色の選び方を説明してきました。

ですが、特に青、赤、黄色の文字を使ったサムネイルは目立つ一方で、よくある色使いなので「ダサい」と思われることも少なくありません。

そこで、少しでもセンスよくするために、次のポイントをご紹介します。それは、

背景の色から1色選ぶ

ということです。例えば、次のようなサムネイルは、背景色から1色選び、文字の色に使いました。ブラウンがかったオレンジ色ですね。

右端にチラッと見えてる葉っぱの色を、文字の色にしました。

花とスマホのピンクを濃くした色を文字色に使いました。

このように、背景から選んだ色を使うと、全体がまとまりセンスのいい画像になります。

まとめ:パッと目を引くサムネイルの作り方

以上、サムネイル画像の文字色について3つのポイントと、応用テクニックを1つご紹介しました。

普段、ブログを書いた時には必ず、自作のサムネイル画像を使いましょう。サムネイル画像は、シェアされた時や、画像検索された時にも効果を発揮します。

サムネイル画像がパッと目を引くものだと、選ばれやすくなりますよ。

パッと目を引くサムネイル画像に入れる「キーワードの選び方」については、こちらが参考になりますよ。

才能覚醒プログラムに参加しているメンバーは、サムネイルに関しての添削が受けられます。

サムネイルは、ブログ収益化とネット集客において、ターゲットを喰いつかせる重要な役割をしてくれます。

サムネイルを制する者は、ビジネスを制すと言っても過言ではありません。

すでに私はブログから収益化しており、そのコツを分かりやすく、あなたにお伝えすることができます。

あなたにやる気と行動力さえあれば、自動でブログからお金を稼ぐことができるようになりますよ。

自分ビジネスで起業されている方も、独自の商品サービスで単発収入を得、ブログで継続収入を得て、私のように安心感を手に入れていきませんか?

挑戦したいという方は、LINEに入ると、私から直接、情報を受け取れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました