スポンサーリンク

ズブ濡れになり、上司に怒鳴られ、もう辞めてやる!って、何回思いましたか?

見た目プロデュース

教師時代、私は、イヤがる気持ちを引きずりながら、無理やり出勤してました。😢

大雨でも、カミナリが鳴っていても、台風が近づいていてもですよ⚡️

イヤイヤ出勤していると、起こる起こる、トラブルの連続…。

・保護者からのクレーム
・児童同士のいじめ
・なくならない靴かくし
・不登校対応

職員室では、「おまえの学級経営が悪いんやろ」という冷たい視線。

名前を呼ばれるたびに、校長室での解決策の見えないお説教。

非効率的な職員会議では、すぐに寝てしまい、あとでまた校長室に呼ばれ、

「病気違うか?」と心配される始末…

カッコ悪いったらありゃしない。

それにより、授業準備がまた遅れる。

まさに、悪循環の繰り返し…。

そして夜になると、なぜか涙が出てきて、うつ病傾向。

そんな時に、教師のセミナーで出会った方とお近づきになり、どんなに心の支えになったかわかりません。

その人がいなかったら、とっくに私はこの世にいないと思います。

久美子
久美子

ちなみにその方ってのは、私の主人です❤

同世代の若い女性教師は、児童にも、職員にも、愛されていた。

泣いたり、怒ったり、笑ったり、喜怒哀楽がはっきりしていて、学級経営も授業もうまくなかったみたいだけど、

なぜか、みんなに助けられ、感動の3月修了式をむかえていた。

一方、私は…

「来年は、違う先生が良いわぁ!」「はー!終わった終わった♪」

とそそくさと帰っていく子どもたち。

そこには、感動のフィナーレなんて、1ミリもなかった。

・セミナーも行ってるのに
・本も読んでるのに
・自腹を切って、自己投資して、学んでいるのに
・あいつは、何にも 勉強してへんのに
・机の上も、あんなに物があふれて汚いのに

何で?何でやねん。

何で私の方が、うまくいってへんねん。この違いは何やねん?

自分なりに解決しようと、色々工夫、挑戦してみたけど、

どうあがいても、全然、ダメでした。

何をどう変えたらいいのか、分からない。

自分の人間性、すべてが否定されてる気がしていた。

最悪や…。

私、こんな教師生活送りたかったんと違う。

私は、ダメな子なんや…。

小さいころの、劣等感がムクムクと顔を出す。

職員室では毎日、下を向いていた。

ダメな先生って、皆んなから見られてる…

気づいたら、自尊心ズタボロになってました。

もちろん、児童や保護者とのかけがえのない思い出もあるけれど、本能の部分で、心が悲鳴を上げてました。

・私って、こんな情けない人間だったのか?
・私は何のために、生まれてきたんやろう?
・私が辞めたら、すべて丸く収まるんちゃう?

このようにして、私の中に、教師を辞めるという選択肢が作られていきました。

そして、一生続けるつもりだった教職を、わずか7年で辞めました。

辞めた時は、児童にも教育委員会にも親にも申し訳なく、罪悪感を感じまくりました。

でも、私のような教師が1人辞めたぐらいで、誰も困らなかったと思います。

むしろ、私のようになってしまった教師は、早く辞めて、自分らしい働き方を探すのをおすすめします。

久美子
久美子

雨の日に、ズブ濡れになりながら、イヤがる心と体を引きずって出勤していた、教師時代の私へ。

タイトルとURLをコピーしました