スポンサーリンク

記事4パターン攻略!どこをどうリライトすればいいの?Googleアドセンスのブログ収益額を増やす方法

ブログ収益額アップするリライトの具体的なやり方 ブログ収益化

前回までで、アクセス解析のやり方と、どの記事からリライトすべきか?までは分かったけど、

どの部分を、どんな風にリライトすればいいの?

と、困っていませんか?

久美子
久美子

この記事を読めば大丈夫!
Googleアドセンス収益を伸ばすために、どこをどう書き直せばいいか?分かるわよ。

リライトすべき箇所は、記事へのアクセス状況によって異なります。まずは、こちらの記事をチェック。

上の記事でお話ししたように、記事のアクセスの集まり状況は、ザクッと7パターン。

  1. 掲載順位が高くて、CTRが低い
  2. 掲載順位が低くて、表示回数が多い
  3. 掲載順位が低くて、表示回数・CTRが高い
  4. 掲載順位が低くて、表示回数・CTRが中ぐらい
  5. 掲載順位が高くて、CTRも高い
  6. 掲載順位が高くて、表示回数が少ない
  7. 掲載順位が低くて、表示回数・CTRも少ない

その中で、リライトを優先すべき順に、下の4パターン

5,6,7においては、リライトせずとりあえず放置でしたよね。

この記事では、優先すべき4パターン別リライト方法についてご紹介しますね。

この記事で分かること
  • 記事4パターン別リライト方法
  • リライトの具体的なやり方
スポンサーリンク

そもそもリライトとは?:ブログ収益額を増やす方法

リライトとは、すでに公開されているWebサイトの記事タイトル、メタディスクリプション、本文などを加筆、修正、削除すること。

特定のキーワードで検索された時に、表示されるページ順位を上げ、ユーザーに訪問してもらうために記事やタイトルを書き直すことです。

それは、単に文章を直すだけではなく、

  • 文の構成自体を組み換え
  • 文字を読みやすく装飾
  • 画像の変更、追加、削除
  • 目立つサムネイルに変更

などを総合的に行うのがリライトです。

パソコン

パターン1:どこをどうリライトする?:ブログ収益額を増やす方法

1番先にライトすべき記事は、「掲載順位が高くて、CTRが低い」記事です。

なぜ1番先にリライトすべきかというと、1番、成果が出やすいからです。

この場合、記事の「どこ」をリライトすべきでしょうか?答えは…

記事タイトルと、メタディスクリプションです。

タイトル・メタディスクリプションをリライトしよう!

「掲載順位が高いのに、他の記事よりCTRが低い」記事ということは、検索されて前の方のページなのに、あまりクリックされてないんですね。

つまり、上位表示されてるのに、記事タイトルが魅力的じゃないので、スルーされてしまってるんです。

念のため、「タイトル」とはココ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

または、その下の「メタディスクリプション」が魅力的じゃないからです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メタディスクリプション

この場合、まずリライトすべきなのは、本文よりも「タイトル」または「メタディスクリプション」です。

次の点に気を付けてリライトしましょう。

♣リライトのポイント

  • 記事タイトルに検索クエリで表示されてる「キーワード」を入れる
  • タイトルで「読みたい!」と喰いつかせる
  • メタディスクリプションで喰いつかせる

パターン2:どこをどうリライトする?:ブログ収益額を増やす方法

では2番目にリライトすべき「掲載順位が低くて、表示回数が多い」記事の場合を考えてみましょう。

上の例を思い出して、どこをどう、リライトすべきか?考えてみましょう。

掲載順位が低い」ということは、ユーザーがキーワード検索した時、あなたのページが表示されるのは、ずーっと後ろの方という意味です。
後ろの方にも関わらず、「他の記事より表示回数が多い」ということは、そのクエリで検索する人が多いのに、ヒットした上位記事でユーザーは満足できず、後ろの方のあなたの記事まで下りて来たという意味ですよね。

スマホ

このタイプのユーザーは、悩みが深くもっと知りたいという欲求が強い。

つまり、記事をリライトすれば、あなたの記事が上位に食い込める余地があるということです。

もし、表示回数が多いのにCTRが低いなら、あまりクリックされてないということ。なので、記事の「顔」であるタイトルとメタディスクリプションを直すと共に、コンテンツ(中身)もリライトしましょう。

パターン3:どこをどうリライトする?ブログ収益額を増やす方法

では3番目の「掲載順位が低くて、表示回数・CTRが高い」記事はどうでしょうか?

掲載順位が低い」ので、後ろの方に表示されているにも関わらず、「他の記事より表示回数・CTRが高い」ということは、検索ニーズが高く、記事タイトルとメタディスクリプションが、ユーザーの検索意図に合っており、よくクリックされてるという意味。
それなのに検索順位が低いのは、クリックされて読まれたものの、本文に満足できなかったため、すぐに離脱したり、滞在時間が短かった可能性があります。

したがって、本文への満足度を高めるよう、コンテンツ(中身)をリライトすればOK。

具体的には、

♣中身のリライトのポイント

  • 上位記事を参考にして、コンテンツの内容を充実させる
  • 上位記事に載ってない内容を自分の記事に入れる
  • 内部リンクを飛ばして、滞在時間を長くさせる
  • ユーザーが理解しやすい文の構成をする(PREP法

PREP法やライティングについては、こちらの記事が参考になります。

パターン4:どこをどうリライトする?ブログ収益額を増やす方法

では4番目の「掲載順位が低くて、表示回数・CTRが中ぐらい」記事の場合、どこをリライトすべきでしょうか?

掲載順位が低い」ので、後ろの方に表示されていて、「表示回数・CTRが中ぐらい」ということは、検索ニーズはそこそこあり、記事タイトルとメタディスクリプションも、ユーザーの検索意図に合っており、そこそこクリックされてるという意味。

こういう記事は、直せば掲載順位が上がる可能性もありますが、それよりも上の1~3パターンの記事のリライトに力を注ぐ方が賢明です。

または、解析して自分のブログの傾向を知った上で、新規記事を書くのに専念した方がいいでしょう。

まとめ:記事のどこをどうリライトすればいいか?

成果が期待できる、記事の具体的なリライト方法は分かりましたか?

アクセス解析はできても、リライトにまで活かせる人は少ないです。リライト後の掲載順位、表示順位、CTRをチェックして、PDCAサイクルを回していきましょう。

成果のあった方法は、独自セオリーとしてまとめておくといいですよ。

収益額を増やすには、ユーザーの満足度を満たす記事に改善していくこと。一見、遠回りのようですが、それが最も効果的なんですね。

この記事がお役に立てれば幸いです。

才能覚醒プログラムに参加しているメンバーは、私から直接、添削アドバイスが受けられますよ。

リライトは、ブログ収益化とネット集客において重要です。

リライトを制する者は、ビジネスを制すと言っても過言ではありません。

すでに私はブログから収益化しており、そのコツを分かりやすく、あなたにお伝えすることができます。

あなたにやる気と行動力さえあれば、自動でブログからお金を稼ぐことができるようになりますよ。

自分ビジネスで起業されている方も、独自の商品サービスで単発収入を得、ブログで継続収入を得て、私のように安心感を手に入れていきませんか?

挑戦したいという方は、LINEに入ると、私から直接、情報を受け取れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました