スポンサーリンク

LINE公式アカウント(旧LINE@)のタイムラインの効果的な使い方

LINE公式アカウント術

LINE公式アカウントのタイムラインを使うと、さらに集客しやすくなります。

具体的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

LINE公式アカウントのタイムライン活用法

私のLINE公式アカウントの友だち登録は、毎日2~3人、毎月40人ほどあります。
一般的に、LINEやメルマガ新規登録者全体の内、2.5%が成約すると言われています。
つまり、最低でも1ヶ月に40人は登録がないと1人も成約しないことになります。

タイムラインを活用すればLINE登録が増える

これには、いくつかのテクニックがありますが、1つは、LINEのタイムライン活用が含まれます。
タイムラインにいいねを押してもらうことで、まだLINE登録してない人にも見てもらえます。
このように、ちょっとしたテクニックを知ってるか知らないかで、情報発信に強くなり生き残っていけます。
あなたも、情報弱者ではなく強者になり、売られる方から売る方へと進化しましょう!

では、その1つの方法、LINEタイムラインの活用法をご紹介します。

そもそもタイムラインとは?

タイムラインとは、LINEを開いた時に情報が流れてくるところです。

時計マークを押すと、あなたのLINE友だちがいいねした投稿などが流れてきます。

まずは、LINE公式アカウントのタイムライン投稿をしてみましょう。

時計マークを押します。

右上の作成を押します。

テキスト欄に投稿文を書いて、次へをおします。

以上で、タイムラインに投稿できます。

LINEの開封率を知る方法

タイムラインに登録した後は、次のことをチェックする必要があります。

  • その投稿がちゃんと読まれているか?
  • 読んだ人のためになったか?

です。

まず、あなたの送ったLINE配信は読まれているのでしょうか?

それを測るのが、開封率です。では、開封率の見方をご紹介しますね。
LINE公式アカウントを開きます。

折れ線グラフのマークを押す

下の方に、折れ線グラフのようなマークがありますね?
そのマークを押して下さい。

分析

すると、分析が出てきます。
開封 56と書いてありますね。
56人の人が、あなたからのLINEを開封したということです。
ちなみに、クリックユーザー等についても解説しますね。
次に、出てきた赤枠のあたりを押して下さい。

詳細情報

すると、詳細情報が出てきます。

それぞれ、説明しますね。

インプレッションとは?

あなたのLINE投稿が、読者(友だち)に表示された数です。

クリックとは?

投稿の中に載せてたURLがクリックされた数です。
例えば、ブログや動画のURLを載せて、LINE配信しますよね。

クリック率とは?

URLをクリックした人数を、投稿を読んだ人数で割った割合です。
投稿を読んだ人のうち、何%の人がURLをクリックしたかを知ることができます。
つまり、どれぐらいの人が、あなたの投稿に強い関心を持ってURLをクリックしたかの目安になります。

クリックユーザー

投稿の中に載せていたURLをクリックした人の数です。

LINEの開封率を50%に上げる方法

さて、この開封率を上げ、できるだけ多くの人に見てもらうためには、どうしたらいいのでしょうか?
そのヒケツは、まずLINEが届いた時に、1行目で興味を持ってもらうことです。
つまり、1行目で喰いつかせることです。
本題をズバリ1行目に書くとか、思わず開いてしまうような1行目を工夫して下さいね。
例えば、どんな1行目がいいか、例を挙げておきます。
  • 1ヶ月で-10㎏になる方法知ってます?
  • あなたのことが好きかどうか見極めるサイン
  • 身に付けるだけで金運が上がる色って?
  • たった90日で英語をマスターするコツ
  • 大けがをして大量出血した気分でした

これら、実は人間の興味を引くことができる7大キーワードを含んでいます。

  1. 恋愛、セックス
  2. お金
  3. 仕事
  4. 健康
  5. 旅行
  6. 知識、スキルの習得
  7. 希望、幸運、未来、願望、将来の計画

これらのキーワードを含めた1行目を書くと、開封率は上がります。

🔻詳しくはこちらの動画をご覧下さい🔻

絶対に人が関心を持つ7つのテーマとは⁉️ 
次に、書いてはいけない1行目の例を挙げておきます。
  • こんばんは。等のあいさつ文
  • 〇〇です。等の名乗る文
  • 1行目に空白改行を入れる
  • ターゲットが知りたい内容と違う内容
  • 絵文字ばかりズラリ

これらは読むのを後回しにされたり、そもそも開封もされなかったりします。

スマホに届いた時、ホーム画面にチラリと1~2行目だけ表示されることがありますよね。

その関係で、NG例のような内容は絶対に避けましょう。

LINEを送っても読者から反応がない原因と解決法

友だち(LINE読者)にとって、価値ある内容を送っていると、ある一定の頻度で、スタンプやメッセージなどの返信や反応があります。
それらの反応がない原因は、次の3つです。
  • そもそも読まれていない
  • 内容がつまらなかった
  • 返信する必要がないと思われた

なので、これら3点をクリアすれば反応は得られます。

では、その具体的な解決法をご紹介しますね。

読ませる

これは上記「開封率を50%に上げる方法」に書いたのと同じです。

そもそも読まれていない原因は、1行目で喰いつかせてないからです。

上を参考にして、1行目を喰いつかせて、何はなくとも開封してもらいましょう。

ターゲットが喜ぶ内容

ターゲットが知りたい情報を送っていますか?

例えば、私のLINEには、インスタ集客について知りたくて登録してくれるターゲットが多いです。それなのに、ブログ集客やFacebook集客の方法を配信していたら、ターゲットはどう感じるでしょうか?

「あれ?私が知りたい情報とズレてるなぁ」と思うでしょう。

そうすると、たとえLINEを開封して読んでもらったとしても、「何か違うよなー」と思われて、既読スルーになってしまうんです。

だから、反応がない時は、ターゲットが喜ぶ内容、知りたい情報を送れているかどうか確認して下さい。その確認が、直接、ターゲットに聞くことです。

例えば、文末に次のような内容を書くのです。

返信・反応をうながす

読者から返信、反応が欲しいことを伝えましょう。

ただし読者も、必ずしも返信、反応する義務はないので、そこは次のように誘導する必要があります。

  • 〇〇について知りたい人は、スタンプを送ってね!
  • スタンプを送ってくれた人にだけ答えを教えます。
  • 答えを送ってくれた人にだけ正解を教えるね。

このように、反応すると特典がもらえるようにして、具体的に誘導しましょう。

ただし、毎回誘導ばかりでは読者も飽きるので、誘導する頻度は全体の1020%にしましょう。

LINE一斉送信からタイムラインへ飛ばす方法

まず、タイムラインに投稿した状態として説明します。

タイムラインの投稿の下に、赤丸で囲んだマークがあるでしょう?

これを押してください。

すると、こういう画面になります。

リンクをコピーを押して下さい。

これで、タイムラインの投稿URLが、スマホにコピーできました。

このURLを、下のように、LINE配信メッセージに貼って送ります。

すると、LINE一斉送信から、先ほどのタイムラインへ飛ばすことができます。

このテクニックを使って、タイムラインにいいねを押してもらうよう、誘導しましょう。

すると、LINE友だち以外にも、あなたのLINE公式アカウントを知ってもらえるきっかけになります。

LINEでつながっていない人に認知される方法

LINE友達になっていない人にも、あなたのタイムライン投稿は見てもらえます。

上の方法で、すでにLINE友だちになっている人に、いいねを押してもらいましょう。

そうすると、いいねを押してくれた人のLINEタイムラインに、あなたの投稿が表示されます。

あなたの投稿が気に入ってもらえれば、LINE友達になってくれる場合があります。

そうするためには、LINEタイムラインにいいねを押してもらいましょう。

その方法は簡単です。

先ほどのタイムラインの投稿の1番下に、次の言葉を加えるだけです。

この投稿が良かった!という方は、下のいいねボタンを押してね

という風に、誘導するわけです。

例をご覧下さい。

ちなみに、このタイムラインの投稿には、7人がいいねしてくれました。

内容が良ければ、いいねを押してもらいやすくなります。

頼みやすい人がいれば、個別LINEで「いいね押してくれる?」とお願いしてみるのもいいでしょう。

LINE登録率を計測する方法

LINE登録率とは、LINE友達になってくれた人の割合のことです。

次の計算で求められます。

LINE登録数÷LINE登録ページ表示数×100

これを測るには、LINE登録ページを作る必要があります。

そのページは、1日に何人が見に来たかチェックできなければなりません。

ちなみに、私のLINE登録ページはこちらです。計測もできます。

https://kumikosalon.com/mail-magazine/

なので、1番おすすめは、ワードプレスというブログ用のサイトを持つことです。

ただ、ワードプレスを持つには、初期費用が年間約1万円かかります。

また、まったくのWebの素人が、1からワードプレスをいきなり作るのは難しいです。

そのため、ペライチやJIMDO(ジンドゥ)などのサイトを簡易的に利用するといいでしょう。

Web発信に慣れてきて、自分のブログも書いていきたいなぁという欲が出てきたら、ワードプレスに挑戦しましょう。

LINE登録率を20%に上げる方法

ちなみに、私のLINE登録率は、今のところ15~20%です。

この登録率が上がれば上がるほど、集客しやすくなります。

LINE登録率を上げるには、LINE登録ページの改善を繰り返すことです。

私が今までやってきて、効果の高かった方法をご紹介します。

  • 1行目で喰いつかせる
  • 1文を短くする
  • 分かりやすい言葉を使う
  • 6歳でも分かるように書く
  • 専門用語を使わない
  • パッと見て分かる図や画像を載せる
  • 字の色は3色まで(黒、赤、青)
  • マーカーは黄色だけ使う
  • 見立しを入れてメリハリを付ける
このように工夫してきた結果、LINE登録率を20%に上げることができました。

ぜひ、私のサイトを参考にしてやってみて下さい。

まとめ

LINEのタイムラインに、コメントやいいねを許可していますか?

設定からできるので、許可しておいて下さい。

まず、設定を押して下さい。


タイムラインを押して下さい。


ユーザーインタラクションを押して下さい。


「いいね」とコメントを受け付けるにチェックを入れる。

最後に、保存を押して下さい。

こうしておくと、読者(LINE友だち)がいいね、コメントできます。

よくある盲点なので、注意して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました