スポンサーリンク

LINE@(公式アカウント)から一斉送信しても読者から反応がない原因とは?思わず返信してしまうLINEテクニック

LINE公式アカウント術
久美子
久美子

LINE公式アカウントからメッセージを送っても、反応がないんだよね…

と困ってませんか?

その原因は、返信(反応)しなくても良いと思われているからなんですよ。

でも、Web集客において、LINEでの1:1のトークはかなり重要です。

下の図をご覧下さい。

くみこの法則

初めの入り口は、インスタ等のSNSですよね。

その後、LINE公式アカウントに友だち追加(登録)してもらいます。

そして、一斉送信や1:1のトークを通して、ターゲットを何度も魅了し、信頼を得ていくのです。

最終的に、あなたへの信頼が厚くなり、タイミングが合えばあなたの商品に成約されます。

Web集客では読者と対面していないからこそ、途中の1:1トークのやり取りで信頼を得るのが必要になります。

つまり、読者からの反応が得られなければ、なかなか商品成約につながりません。

では、どうすれば反応が得られるのか?その解決法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

LINEで一斉送信しても反応がない原因とは?

そもそも、なぜ、あなたの送ったLINEが既読スルーされているのか?ということですよね。

ちなみに、あなたの友だちや知人から来たLINEで、どうでもいい「つぶやき」や近況報告などは、ついつい既読スルーしちゃいませんか?

「いえ、私はちゃんと1人ずつ返してます!」という、キッチリした方もおられるかもしれません。

ですが、あなたのLINE公式アカウントの読者も同じかと言えば、そうとは限りませんよね。

つまり、思わずスタンプや返事をしてしまうような内容にすることが、反応を得るヒケツです。

そのために、次のポイントに気を付けましょう。

思わず反応してしまうLINEテクニック

思わず返信してしまうLINEテクニックをザックリとご紹介します。

  • 書き方
  • 内容
  • 分かりやすさ
  • ワクワク感

それぞれ詳しく説明してゆきますね。

反応があるLINEテク① 書き方

全体を短く書く

短い方が反応しやすいんですよね。

長々と書いた文章は分かりにくいし、なかなか読んでもらえないんです。

みんな仕事や子育て、家事やプライベートで忙しいのです。

どれぐらい短くかと言うと、多くても500字以内です。

そもそも、LINE公式アカウントの1つのふきだしには、500字までしか入力できません。(2019年11月現在)

1行目で喰いつかせる

「こんにちは。〇〇です」と、あいさつから書き始める人がいますが、これは間違いです。

名乗らなくても、LINEが届いた時点で、あなたが誰なのかは、相手に伝わっています。

それよりも、1行目に本題を書いたり、グッと心をつかむキーワードを書いて下さい。

なぜなら、届いた時のスマホの表示で前半部分がチラ見えするからです。

その機能を利用して、つい開いて読みたくなるような1行目を書くことが重要です。

さらに、1行目の左側に、より喰いつかせる言葉を書くこと!

こうすることで、読者にあなたを見つけてもらいやすくなります。

結論から書く

ダラダラ長い前置きは、途中で読まれなくなります。

1行目で喰いつかせたら、結論(本題)から書いて、詳細に入っていきましょう。

1行は13字以内で書く

LINEのふきだしで表示される、1行の文字数は13文字です。

なので、13字以内で改行した方が、読みやすくなります。

Yahoo!ニュースの文字数も13字

また、Yahoo!ニュースの見出しも、たった13字以内で書かれているのをご存じでしょうか?

これは、人間がひと目で理解できる文字数を研究した結果、13字がベストだったからです。

確かに、短すぎると意味不明ですし、長すぎでも理解するのに時間がかかりますよね?

まさに、その間をとったのが13字。

つまり、読者が一瞬で理解できるメッセージの文字数が、13字ってことなんです。

これを利用して、LINEのメッセージを送る時は、1行13字以内を心がけましょう。

反応があるLINEテク② 内容

LINEで配信する内容を厳選するのがポイントです。

ターゲットが関心のありそうな話題

例えば、英語をマスターしたいと思っている人に、中国語習得法を送っても喜ばれませんよね。

同じく、運動せずに痩せたいと思っている人に、痩せるエクササイズ法を送っても響きません。

ですが、運動しなくても痩せやすくなる体づくりをする食事法なら、どうでしょうか?

ちょっと反応ありそうですよね。

こんな風に、ターゲットならどんな話題に関心があるか?常に考えて、情報を送りましょう。

簡単で始めやすい方法

どの分野でも、入門編の情報は喜ばれます。

読者は、その分野の初心者ゆえに、あなたのLINEに登録しているんですね。

なので、小難しいノウハウよりも、簡単で始めやすい方法をサクッと送ると喜ばれます。

ただし、多くの同業者もそのレベルを投稿しているので、似たり寄ったりの内容にならない戦略が必要です。

例えば、同じような内容だけど、あなたの方が、イメージ画像やイラストを用いていて分かりやすいとか。

ノウハウだけじゃなくて、あなたのポジティブな考えが散りばめられているとか。

あなたにしか出せない色を加える工夫をして下さいね。

すぐに効果のある方法

また、すぐに効果のあるノウハウも喜ばれます。

簡単ではないけど、確実に効果がある、ディープな方法など。

「そこが知りたかった」という、コアな情報を持ってる人だと思われます。

その結果、あなたのLINEを楽しみにする人が増えます。

また次も楽しみなので、ファンコールとして、スタンプや返信が得られますよ。

反応があるLINEテク③ 分かりやすさ

分かりやすいLINEの文だと、反応も増えます。

見やすく改行をする

上でも書きましたが、1行を13字以内で書いて、改行しましょう。

また、段落と段落の間は、2~3行の空白改行を入れましょう。

空白改行とは、普通の改行ではなく、2~3行分すっぽり空白行を入れた改行のことです。

🔻この記事を読むと、意味が分かります🔻

単刀直入に書く

反応を取って1:1トークにつながないと、LINEをしている意味がありません。

ですので、反応をしてほしいことをダイレクトに伝えましょう。

なぜなら、投稿しただけで読者からスタンプや返信が得られる人は、珍しいです。

そういう方は、かなりLINEのセンスがあると、自信を持って下さい。

反応を得る書き方は、この下の項目を参照して下さい。

反応の種類を限定する

例えば、こういう書き方をしていませんか?

  • スタンプでも感想でもいいので送って下さい。
  • 何でも気軽にLINEして下さいね。

こういう書き方は、効果が半減します。

どのような反応をすればいいのか?迷ってしまう読者がいるからです。

そのため、反応の種類を限定してうながすのがいいです。

例えば次のように。

  • スタンプを1つ送ってね。
  • キーワード、【でんわ】と送って下さい。
  • ABCどれか1つ、記号を送って下さい。

このように、限定するから分かりやすく、読者は反応しやすいのです。

これは、私が教師生活7年間で得た経験に基づきます。

授業で答え方が分かりにくい聞き方をすると、子どもは手を挙げてくれません。

大人が相手でも同じです。ぜひ、取り入れてみて下さい。

反応があるLINEテク④ ワクワク感

やはり、読んでて楽しい投稿は、反応が得られます。

役立ちつつ、ワクワクする投稿なんて最高ですよね!

あなた自身が、義務のような気分で書いている時は、反応も少ないですよ。

ノリノリな気分で、たまには羽目を外しながら、色々、配信するのです。

色々挑戦することで、あなたなりのLINE勝ちパターンが出来上がります。

そのためには、数を多くこなすこと。

あきらめてはいけません。とにかく、挑戦してみましょう!

LINEで反応がない原因チェック

以上に気を付けても、まだ反応が得られない場合、どこを直せばいいのか?自分では判断できないと思います。

そこで、チェックを作りましたので、1度やってみて下さい。

チェック内容
全体を500字以内で短く書いている
1行目で喰いつかせている
結論から書いている
ターゲットにとって読む価値のある内容を送っている
見やすく13字以内で改行している
反応するよううながしている
反応の種類を限定している
ワクワクしながら書いている
あなたなりのLINE勝ちパターンを把握している

チェックが多ければ多いほど、反応がよくなります。

🔻こちらもご参照ください🔻

・LINE公式アカウントを始めるには?

・インスタにLINE登録URLを貼るには?

・LINE公式アカウントのタイムライン活用法

以上を試したのに反応が全く上がらない時は、私のLINE公式アカウントから、個別でんわ相談を受けられるのをおススメします。

まとめ

以上、一斉送信しても反応がないLINE公式アカウントの原因と対策法をご紹介しました。

参考になりましたら幸いです。

🔻LINEを活用してあなたのビジネスを飛躍させませんか?🔻

コメント

タイトルとURLをコピーしました