スポンサーリンク

小さな目標・夢リストに落とし込む方法:起業で最初にすべきこと②

起業で成功するには?
夫婦円満起業で月収7ケタになれる!全20回無料オンライン講座こちら

起業やビジネスで成功するには、ノウハウや技術を学ぶよりも、先にしておくべき3つのステップがあります。

成功する3つのステップ
  1. 人生設計グラフを書く
  2. 夢リストに落とし込む
  3. 魔法のコラージュをする
久美子先生
久美子先生

この3つのステップで、あなたの人生は成功します。

人生設計グラフを書くと、この一生でどこを目指すのか整理できます。いかに人生が短いかがイメージでき、何歳ぐらいで何をしておかなければならないかイメージできますよ。

グラフの書き方はこちら。

今回は、ステップ2。

人生設計グラフを元に、叶えたい夢リストに細かく落とし込む方法をご紹介します。

スポンサーリンク

小さな目標・夢リストに落とし込む方法:起業で最初にすべきこと②

人生設計グラフに書いたことを元にし、小さな目標に分け、叶えたい夢リストを書き出します。

人生設計グラフに書き込んだ逆算リストを元にさらに逆算し、夢リストに落とし込みます。

夢リストに落とし込みましょう

例えば、「40歳でヨーロッパへ移住したい」という逆算リストを具体的にするため、次のようにさらに細かく落とし込みします。

  • 40歳ヨーロッパへ移住している
  • 30歳 ヨーロッパ人と国際結婚する。海外で挙式する
  • 1年後 ヨーロッパ旅行へ出かける
  • 半年後 英語カフェで出会った友達と交流している
  • 3ヶ月後 海外で現地の人と交流できるよう、英語を話せるカフェに通っている
  • 2ヶ月後 女性としての魅力を高め、人間性も磨いている
  • 1ヶ月後 英会話の勉強を始め、話せるように準備している
  • 1週間後 仕事を早く終わらせ、英会話学習の時間を毎日1時間確保している
  • 今 いつでもチャンスをつかめるように、読書や行動を欠かさない

このように逆算すれば、今までぼんやりしていた小さな目標が、ハッキリ分かってきますよね。

例えば、私が100歳まで生きられると仮定したらこうなります。

死ぬ瞬間家族や友人に温かく見守られながら、静かに息を引き取る。

100歳100歳だからこそできる健康法を日々実践し、発信を続ける。

90歳 毎日体を動かし食事にも気をつけ、健康的に生きる。発信を続ける。

80歳 組織の発展に貢献し、人材育成に努めつつ、発信を続ける。

70歳次世代の人材育成と組織運営に努めつつ、発信を続ける。

60歳子孫に引き継げる富のしくみを確立する。

50歳 旅をして未知の体験を味わい、人間味を深める。発信を続ける。

半年後 新しい事業で月7ケタの収益が出ている。

1か月後 新しい事業で月6ケタの収益が出ている。

1週間後 新規事業への興味付けのため、情報発信を続ける。

今 本当の愛と豊かさを手に入れる方法を情報発信する。

ぜひ、あなたも、死ぬ間際までのイメージを書き出してみて下さい。

私の場合は、どんな風に死ぬかまで具体的にイメージしているからこそ、集客やビジネスの目標だけではなく、死ぬまでにどんなことを達成するのか、具体的に描けているんですね。

まずは10年後から逆算する:小さな目標・夢リストに落とし込む方法:起業で最初にすべきこと②

さすがに100歳から逆算するのはイメージしにくい場合は、10年後からイメージして書き出してみてもいいですよ。

その際、下の質問に答えてみて下さい。

10年後にどうなっていたいか?

3年後にどうなっていたいか?

1年後にどうなっていたいか?

半年後にどうなっていたいか?

3か月後にどうなっていたいか?

1か月後にどうなっていたいか?

1週間後どうなっていたいか?

今、何をすべきか?

このように書けば、人生を逆算することができます。例えば、次のように書きます。

10年後 沖縄へ移住し、自由に暮らしている

5年後 金融と不動産ビジネスで、年収1億円稼ぐ

1年後 不動産ビジネスを始める

半年後 金融ビジネスを始めて新しい家へ引っ越しする

3か月後 自分ビジネスで月収50万円稼ぎ、仕事を辞める

1か月後 自分のビジネスの集客導線を確立する

1週間後 夢リストを完成させ、毎日タスクに落とし込む

今 スケジュールを調整し、夢リスト作成ための時間を取る

こんな風に、逆算して夢リストをノートに書き出しましょう。

ちなみに99%の人は、このように逆算するのが苦手。目の前のことで忙しすぎて、毎日生きるので精いっぱいだから。

悩み

でもそれじゃ、一生そのままでしょ?

今と同じことを続けていても、突破口は表れないし、今までと違うアクションをするからこそ、新しいチャンスをつかめるんですよ。

久美子
久美子

だから、今すぐ何か取り組まないと!

まずは、上を参考にしながら、夢リストを書き出してみて。

月収〇〇万円という金額よりも、何をして、どうなっているか?を具体的に書きましょう。

なりたいイメージをリアルに書く方が叶いやすくなります。

例えば、次のように書きます。

  • ウェブの知識とスキルをさらに高める
  • 実践で使える格闘技をマスターする
  • 健康な食生活をする
  • 超人的な運動能力を高める
  • 自動収入を増やし続ける
  • 富を得続けるしくみを子孫に残す
  • 出版に向けて執筆能力を高めておく
  • 再現性100%の教材を体系化する
  • 英語をマスターし世界中を商圏にする

このように、具体的な夢リストに落とし込みましょう。

成功するには、大きな夢を、細かくリストに落とし込むこと。

成功

まとめ:夢リストに落とし込む方法・起業で最初にすべきこと②

以上、人生設計グラフを書いたあとにする、夢リストへの落とし込み方をご紹介しました。

ここまでしっかりやってから、次のステップ「魔法のコラージュ」をすると、成功への歩みが加速します。

復習するには?起業で成功する3つのステップはこちら!

成功する3つのステップ
  1. 人生設計グラフを書く
  2. 夢リストに落とし込む
  3. 魔法のコラージュをする

コメント

タイトルとURLをコピーしました