スポンサーリンク

1番よく分かる!簡単ペイパル決済ページの作り方

ペイパル決済

あなたの商品が購入されたら、次はお客様に決済をして頂きます。

定額課金の商品でも、高額商品でも、ページの作り方は同じです。

※決済ボタンの作り方は違います。

久美子
久美子

その際、ペイパル決済をして頂くと、すごく便利ですよ。

理由は、ペイパルが、クレジットカード決済でも銀行振込にも対応しているからです。

では、ペイパル決済ページの作り方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

ペイパルのビジネスアカウントを作る

まず、ペイパルのビジネスアカウントを作る必要があるので、こちらを見て作りましょう。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

簡単♪ペイパル決済ページの作り方

私が使っているような決済ページを作る方法をご紹介します。

例えば、こちらの決済ページをご覧下さい。かつて、EBCというオンラインスクールをしていた時の決済ページです。

ちなみに、この決済ページの続きはこうなってるわ。ご参考まで。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

久美子
久美子

決済後、LINEへ連絡するように誘導しているのが、分かるかしら?

上のようにしておけば、お客様の方からLINEへ連絡がくるので、スムーズにサポート開始できて便利よ。

ペイパル決済ページの流れ

以下の流れで作りましょう。

決済ボタン(ペイパルで作る)

ご購入の流れ

決済が済んだらLINEへ誘導する

・QRコードで追加

・ID検索で追加

そのあとLINEを送るよう指示する

QRコードは、ご自身のLINEを開くと、スマホにダウンロードできます。

ペイパル決済ボタンの作り方
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ペイパル決済ページの作り方のコツ

決済ページの作り方のコツをまとめます。

  • ムダなく、シンプルにまとめる。
  • 決済ボタンを1番上に貼る。
  • 決済後、LINEへ誘導する。

以上がポイントです。顧客とやり取りするLINEは、LINE@がおススメよ。

まとめ

このように、決済ページはシンプルに作ることがポイントです。

お客様が混乱するのを防ぐためです。このような決済ページは、固定ページで作りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました