スポンサーリンク

インスタのプロフィールは3行で時短!売込みされないプロに見える自己紹介文とは?

起業で成功するには?
夫婦円満起業で月収7ケタになれる!全20回無料オンライン講座こちら

インスタの活用できていますか?

久美子先生
久美子先生

インスタをがむしゃらに投稿しても、集客できませんよ。

最低でも、プロフィールを正しく書いておくことが必要です。

そうでないと、売りたい側の起業家から、「この人、インスタ慣れしてないな」と思われ、逆に売込みDMを送られてしまいます。

そうならないよう、プロと思われるプロフィールを書きましょう。

とは言っても、今回ご紹介するのは、超時短プロフィールの書き方です。

以下、自分ビジネスをしている起業家に向けて、見込み客に喰いつかれるためのコツをシンプルにまとめました。

スポンサーリンク

インスタのプロフィール文は3行で!喰いつかせる自己紹介文とは?

プロらしく見える、インスタのプロフィール文のポイントは下の3つ

基本的に自分目線ではなく、お客様目線で書くのがポイントです。

また、ダラダラ長く書いても、パッと見て魅力が伝わらなければ、その下を読んでもらえないので、端的に3行で書くのがおすすめ。

どの欄もスマホの横幅1行分に収まるよう、文字数は25字を目安にしましょう。

それぞれ、少し解説しますね。

①肩書き+名前

名前には、あなたのビジネス上の肩書きと、呼び名を入れて下さい。

肩書きは、あなたのビジネスのキーワードを入れること。

見込客が、インスタの「虫メガネ」マークで検索すれば、見つけてもらえるからです。

ただし、見込客が使わないキーワードを入れても、意味がないので注意。見込客がどんな言葉で検索するか?意識して付けます。

また、「ん?この人、何だろう?」と思われる、スペシャル感のある肩書きもおすすめ。

とにかく喰い付かれることが目的なので、PDCAをくり返し工夫してみて下さい。

何が正解!というのはないので、反応が良い表記を採用しましょう。

また、名前後半の「呼び名」は、できるだけ読みやすい表記にしましょう。

この欄も、スマホの横幅1行に収まるよう、文字数は25字を目安にしましょう。

②自己紹介文

ここには、あなたの商品サービスを買うと、お客様がどうなるか、について書いて下さい。

ここで、自分目線な自己紹介文を書いてしまうと、素人と思われてしまいます。

例えば、以下のような書き方をしてしまうと、集客系ビジネスをしている人から、売込みをかけられやすくなるので気を付けましょう。

  • スピリチャルライフコーチ第3期生です
  • 5年間、夫婦問題のカウンセラーをしています
  • 〇〇で、グルテンフリーのスイーツショップをしています

では、どう直せばいいかと言うと、次のように直します。

  • お金も心も安定し穏やかなあなたへ!ライフコーチ
  • 1000人の男女が救われた夫婦円満カウンセラー
  • 健康を気遣う人のためのグルテンフリースイーツ店〇〇

いかがでしょうか?

お客様目線に書き換えたのが、分かりましたか?

ところで、あなたのプロフィール文はどうなっていますか?

すでにプロフィール文を書いている方は、お客様目線の文に書き直すには、どう書けばいいか考えてみましょう。

お客様目線で、あなたのプロフィール文を考えてみましょう

3行目には、「▼〇〇をプレゼント」という風に書き、その下のウェブサイトへ誘導します。

ということは、LINEに登録してもらうと、プレゼントがもらえるように、設定しておく必要があります。

LINE登録プレゼントの作り方は、こちらからご覧頂けます。

③ウェブサイト

ここには、誘導先のWebサイト(LP)のURLを入れます。

LPの書き方は、こちらをご参照下さいね。

インスタ関連ノウハウは、こちらからご覧頂けます。

まとめ:インスタのプロフィールは3行で!売込みされない自己紹介文

以上、自分ビジネス起業家のための、インスタプロフィールの書き方をご紹介しました。

久美子先生
久美子先生

基本的に、短くシンプルに書き、PDCAをくり返していけばOKです。

私の開発した超インスタ集客術を使えば、少ないフォロワーでも、インスタから集客できますよ。

超インスタ集客術をもらうには、私のLINEへ入り、「超インスタ集客術」と私へLINEして下さいね。

ブログ検索以外にもSNSも使えば、集客しやすくなります。

ブログやSNSに投稿し、プロフィールやLPをPDCAし、いいねアクション等をするためにも、やはり、ゆとりの時間が必要です。

きちんと自己スケジュール管理をやりつつ、効率的に進めましょうね。

自己スケジュール管理の方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました