スポンサーリンク

頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方:起業・自分ビジネスの仕事術

起業で成功するには?
夫婦円満起業で月収7ケタになれる!全20回無料オンライン講座こちら

頭の中を整理するには、ノートに書き出すことがおすすめ。

私の場合、考えがモヤモヤしてまとまらない時は、次のようにします。

  • ノートを開く
  • 見開き2ページに、思いつくまま言葉を書く

このように、手書きすることをおすすめします。

書く

スポンサーリンク

ノートの書き方頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方:起業

スマホ、パソコンで済ませられるこの時代だからこそ、手を動かして書くことで、脳が活性化しますよ。

見開き2ページ使うことがポイント!

モヤモヤとしている感情、思考、アイデア等を、順番に書き出します。その際、文になってなくてOK!

単語、思いついたキーワードでOKなんです。

文で書かなきゃと思うと、書きにくいでしょ。短い単語なら、浮かんでくるまま書ける。

左ページから書き始め、どんどん書けそうだったら、そのまま右ページへ。

これは、「夫婦円満起業コンサル」で伝えたい内容のタイトルを書き出したノート。全部で50個ぐらい書き出しました。

コンテンツ配布回数は全20回なので、この中から20個選べばOK。

このように、事前に書き出す作業をしてたんです。

ここでは箇条書きしていますが、書き方に決まりはないので、自由にアウトプットしてみて下さいね。

書けない人は?頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

久美子さんみたいに、書きたいことがポンポン浮かんでこない人は、頭の中のパイプが詰まってる証拠。

配管クリーニングみたいに、定期的に頭の中の「詰まり」を取らないとね。

詰まりを取るお掃除としては、こういうことをやるといいよ!

  • 自然の中で寝ころぶ。
  • 空を見て、ボーッとする
  • 緑の中で、深く息をする
  • 好きなことに没頭する(趣味)

だから私は、自然の中へ行くのが好きだし、趣味に没頭するようにしてるの。

さぁ、詰まりが取れたら、改めてノートを開いてみよう!

思いつくまま、言葉を書き出してみて。

言葉じゃなくても、例えば下のように、絵や図でもいいんだよ。

久美子先生
久美子先生

とにかく、 アウトプットすること!

そうしていく内に、本当にやりたいこと、やるべきこと、進んでいく道がクリアになっていく。

ノートが手放せなくなるよ。

おすすめノート:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

ちなみに、私が愛用している100均のノートはこちら!

セリアのなんやけど、すっごく便利。何が便利って、

  • ページ数多い。80枚
  • 罫線入ってる
  • リング式でペンを挟めて持ち運べる
  • リング式なので、パカッと開く
  • 表紙がPP素材で、水にぬれてもOK
  • 裏表紙が厚紙で、丈夫

こんなに長所が多いノートって、今まで他に見たことない!

セリアのリングノート

ノートに書き出して、やるべきことが決まったら、次は手帳に書いていきます。

手帳の書き方:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

マンスリーページと、ウィークリーページの書き方をご紹介しますね。

マンスリーページの書き方:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

まず、手帳の1ヶ月が見渡せる、マンスリーページに、目標を逆算して期限を決め、毎日タスクを入れていきます。

毎週月曜日に必ずやるタスクがあるなら、先に書いておきましょう。

これで、やり忘れを防げますよ。

タスクをやり終えたら、赤線で消します。

今回は、「29日に夫婦円満起業コンサルの募集開始をする」と決めていたので、29日が期限になります。

また、「全20回の発信をする」と決めていたので、29日ー20日=9日から発信を始めました。

次に、29日から逆算して、各日にどんな内容を発信するか決めます。

先ほどノートに書いたリストから、発信する内容を20個選び、赤枠で囲みます。

1~20の順に、発信タイトルを並べ、日付を入れたのが下の画像です。

この段階で、「どんなワークを、何回目で配布するか?」も決めて、書いておきます。

ここまですれば、「何日に、何の内容を発信すればいいか?」が、手帳とノートを見れば分かりますよね。

高額商品のリリースは、こういう風に、計画的にやりましょう。

ウィークリーページの書き方:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

次は、ウィークリーページの書き方をご紹介します。

ウィークリーページは下のように、1日の流れを「見える化」するものです。

このように、1日の流れを記入します。

おすすめは、これを前日の晩にやってから寝ること。

すると、スーパーパワーにインプットされ、次の朝、スムーズに目覚められるのです。

タスクのチェック方法:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

タスクができたかどうか確認し、次のようにチェックすることで、DO状況を見える化します。

  • タスクをやり終えたら、赤線で消します。
  • できなかったタスクは、黒✕を付けます。

✕がなるべく付かないように、前の晩に次の点を見直し、明日のスケジュールに活かします。

  • タスクを入れ過ぎているのでは?
  • 余計なことをしている時間が多いのでは?
  • タスクとタスクの間に、ゆとりを入れた方がいいのでは?

このように、手帳に書き出すことで、次のようなメリットがあります。

  • いつまでにやるのか期限が決まる
  • いつやるのか、日にちが確定する

ノートと手帳の書き方の違い:頭の中が超スッキリするノート術

ノートと手帳の役割が、ちょっと違うのがお分かり頂けましたか?

まとめると、

  • ノートは、ザクッと思考を書き出すもの
  • 手帳は、実際にやる日に落とし込むもの

順番は、ノート→手帳の順がいいですね。

ノートへ書き出す作業は、週1,2回という風に、なるべく定期的にやります。

頭の中がゴチャゴチャ、モヤモヤしたときにやると良いです。

手帳へ書き出す作業は毎晩やり、朝にもう一度、見なおします。朝にスケジュール管理タイムを取るんです。

すると、1日のタスクを効率的にこなせていけますよ。

まとめ:頭の中が超スッキリするノート・手帳の書き方

いきなり、手帳に何を書いて分からない人は、先に、ノートにザクッと書き出しましょう。

タスクがいっぱいこなせて、効率的な1日を過ごせた日は、寝る前にとてつもなく充実感があります。

こんな日を毎日コツコツ積み上げたら、ものスゴイ成果がご褒美として待っていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました