スポンサーリンク

1年を100%充実させる5ステップと夏にお勧めアクション:起業ビジネスで成功する

起業で成功するには?
夫婦円満起業で月収7ケタになれる!全20回無料オンライン講座こちら

今日は8月お盆前で、まだまだ夏真っ盛りですが、お店にはニットやジャケットなどの秋物商品が並び出しました。

それを見てふとひらめいたのですが、1年を100%充実させるコツをご存知でしょうか?

「今年は最高の1年だったな」と年末に言うためには、夏ごろに「あること」をしておかなければいけません。

久美子先生
久美子先生

それが、年度途中の「振り返り」です

特に、6月の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)ごろに、年始に立てた目標をふり返っておくことがお勧め。

この記事では、目標を立てっぱなしになっている方に向けて、今からでも間に合う、軌道修正の仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

1年を100%充実させる5ステップと夏にお勧めアクション:起業ビジネスで成功する

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、お正月に今年の抱負を書くことで、叶う気になっていませんか?

目標を立てると何だかやる気が出る。でも、そのやる気が続くのは、ほんの束の間。1ヶ月も過ぎれば、何を書いたのかすらもう覚えてない人も多いでしょう。

これではまるで、単なるおまじないです。忘れるぐらいなら、わざわざ時間を取って目標を立てる必要もありません。

そうではなく、年始の目標は、1年の途中でチェックするからこそ活きてくるのです。

つまり、後からPDCAをするために、年始に目標を立てること。

というワケで、1年を100%充実させる5ステップは次の通り。

  1. 年始に目標を立てる
  2. 夏ごろにチェックする
  3. 目標の変更修正をする
  4. 行動を継続する
  5. 年末に振り返る

年始に立てた目標に沿って行動し、一旦、夏ごろにチェックしましょう。

チェックするのは、進捗状況成果です。

「進捗状況」で、スケジュール管理と段取り力を評価できますし、「成果」で、そのまま続けるべきか変更すべきかを判断できます。

目標の変更・修正はOK:1年を100%充実させる5ステップ

私も今年2022年始に立てた目標をふり返ってみたところ、今では手放した目標がこんなにたくさんありました。

というのも、年始に立てた目標に従って行動してきたのですが、途中でPDCAするうちに、やりたいことと、目指す方向が変わってきたからです。

ちなみに今は、旦那さんと一緒に始めた新規事業が楽しくてたまりません!

少しずつ成果が出ていて、上手くいけば月収8ケタも夢ではないな~とワクワクしています。

やはり、楽しいことじゃないと、お金は入ってきませんよね。

もちろん、「楽しみ」という果実を収穫するためにも、日々のコツコツ種まきと水やりは欠かせません。いきなり咲いて、実がなる木なんてありませんもんね。

これ、私1人ではできなかったことなので、やはり、夫婦円満起業の成せるワザだと確信しています。詳しくは、LINEオープンチャットのプレゼントにて。

このように、年始に立てた目標と、今、目指している目標が変わってくることは、往々にしてあります。

悪いことではありませんし、むしろ軌道修正ができるというメリットも。

1番避けたいのはPDCAしないことですが、PだけしてDCAしないことも避けるべき。つまり、計画だけして行動しないことですね。

そうではなく、PDC(計画・行動・評価)して、目標自体を変更・修正していくのはアリです。

ただし、どれもこれも行動が中途半端にならないよう、とことんやるように心がけましょう。

軌道修正するには、まずどうすればいいの?という方は、人生設計グラフを書くことから始めて下さいね。

まとめ:1年を100%充実させる5ステップと夏にお勧めアクション:起業ビジネスで成功する

以上、1年を100%充実させる5ステップと、夏にお勧めアクションについてご紹介しました。

大事なのは、目標を立てることではなく、行動することです。

年始に目標を立てっぱなしにせず、夏ごろに見直し、その後の行動に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました